トイレタンクの水漏れ!適切な直し方とは

トイレで用を足したあとはタンクに水が溜まります。このとき、しばらく経っても水が止まらない場合はトラブルを疑った方がよいでしょう。どういった対応をすべきであるのかを知っておけば、もしもの場合においても問題はなくなるはずです。対応が難しい場合は専門業者に依頼した方がよいでしょう。

■被害拡大を防ぐための方法

トイレタンクから水漏れをしている場合はまず止水栓を閉めて被害拡大を防ぐのが肝心です。トイレタンクのフタを開けてみましょう。鎖の長さがどうなっているか確認して、問題がないかを目視してみます。鎖の長さが短いと届かないため浮きゴムが機能しません。逆に長すぎても浮きゴムがはまらなくなります。


■止水栓を開けて再確認してみよう

中を確認して鎖の長さに問題がないと分かったら、フタを閉めて止水栓を開けて確認しましょう。もしも鎖に何かしら問題があったのであれば水漏れの水は止まります。他の部品の劣化などが原因である場合も、タンクの中をチェックして不具合が目に見えて分かれば自力でトラブルを解消できるかもしれません。しかし、自分で対応するのが難しいと判断した場合は専門業者に依頼しての対応をしましょう。


■まとめ
トイレタンクからいつまでも水が出続ける場合は被害を防ぐためにまず止水栓を閉めましょう。そして必要な部品などを交換したり修理したりした後に止水栓を開いてから問題なくトイレを利用できるかを確かめるのがよいでしょう。自力で直せそうもないと思ったときは無理をしないで専門業者に任せましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ