トイレの水漏れが起きた!ポンプのトラブルを疑うべき特徴とは

トイレの水漏れが起きたときは水漏れ 修理を行うことを前提に、何が原因であるかをすぐにはっきりさせるのが大切です。ポンプが原因である場合の特徴を事前に把握しておけば、いざというときに対応できるので困ることもなくなります。

■ポンプが原因の場合の対応

ポンプが原因の場合は経年劣化や凍結による破損を疑うようにしましょう。定期的にメンテナンスをしないと設置から10年未満でトラブルが発生する確率が高くなります。メンテナンスをしていない場合は交換することも検討した方がよいでしょう。故障して放置されたポンプを使い続けることで騒音問題につながることもあります。できるだけ早く対応することが大切です。



■10年を目安に交換を意識

ポンプは消耗品であるからこそ、メンテナンスを行っても壊れてしまうことも徐々に多くなるものです。メンテナンスを行うのは大切であるものの、ある程度の時期が来たら思い切って交換することも考えた方がよいでしょう。ひとつの目安となるのは10年です。何度もトイレの水漏れが起こると生活をしにくくなるのは明白です。安心してトイレを使うためにも設備を整える意味は大きいといえます。


■まとめ
トイレの水漏れの原因がポンプである場合は経年劣化や凍結による破損が考えられるため、交換も視野に入れて業者と相談することをおすすめします。10年以上ポンプを使い続けている場合は特に注意が必要です。メンテナンスを行っても消耗品であるからこそ、交換もしていく考えであるのが望ましいです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ