トイレの水漏れ防止のためにリフォームを行うべき?

トイレで水漏れが起きた場合、部分的に修理をする方もいれば、思い切ってリフォームを検討する方もいます。築年数の長い家だと水漏れを機にリフォームすることで、トイレが快適になるメリットがあります。最新の機能を搭載したウォッシュレットの設置も可能です。和式から洋式へリフォームすれば、足腰に負担をかけずトイレに行けます。

■ウォッシュレットのタイプ

トイレのリフォーム時、ウォッシュレットの機能にこだわる方は多く、節水タイプは人気です。ウォッシュレットはリモコンの位置が2種類あり、便座の横に設置されたタイプと壁についているタイプがあります。ウォッシュレットと一緒にタンクもかえられ、古い便器の処分も行ってもらえます。



■洋式のトイレにリフォームする

バリアフリーを考えた時や水漏れが起きた時、和式から洋式のトイレにリフォームする方もいます。手すりをつけ、段差をなくせば、体に不自由な方にやさしい設計となります。妊娠中の女性も洋式トイレの方が体に負担がかかりにくいです。洋式トイレは見た目もスタイリッシュで、衛生的な印象もあります。水を流した時に、水が跳ねにくいのもメリットです。



■まとめ
トイレのリフォームは水道 評判がよく、専門で扱っている業者を探すことをおすすめします。さらに実際に自宅へ駆けつけ、水漏れの状態を見て無料見積もりをしてくれる所がよいです。時間に余裕があればいくつかの業者の見積もりを比べるのも方法としてあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ